So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ポケモンの価格がひどい! [ゲーム]

 久々にゲームの話でも書こうと思うが、まずは、ポケモンの販売がひどいことになっているので、そこから書かせていただく。

 ポケモンは右の「おすすめ」と左の「お買い物」から買えるが、同じリンク先に飛ぶにもかかわらず、表示されている価格は右と左で全然違う(なお、投稿段階では同じ価格になりましたが、ホワイトの方が断然高いというよくわからないことに)。
 さらにポケモンブラックとホワイトは、メーカー希望小売価格は4800円。公式ページで確認したから間違いない。
 ところがアマゾンは、ロープライスなのに、メーカー希望小売価格より高いのだ(記事執筆段階)。リンクをしているが悪いことはいわん、アマゾンのページからポケモンは買ってはいけない。リンクをクリックしてみればわかりますが、「ボッタクリ業者に注意」「バカじゃないの この値段」などのタグまでつけられている。
 ちなみにアマゾンの名誉のために書いておくと、アマゾンのポケモンはアマゾンの販売ではない。この記事執筆段階で、「この商品は、フットワーク 【平日14時迄は即日発送!土日祝は翌平日発送】 が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。」と書いてあります。

 仕方ないので、価格.comで調べてみると、私が見た時点で最も安かったのは、ヤマダ電機のウェブサイト、こちらは4080円でしたが、予約受付終了。次がセブン&アイの「7netshopping」で4280円。ここにブラック&ホワイトのセットが8160円というのがあったので、これを予約する。ところが、価格.comの「このショップをまた利用したいですか?」に対して「はい」がたったの30%(執筆時点)。リピート率30%ってどんだけだよ、と思いつつ評価を見てみると、「ショップからの連絡や対応は適切でしたか?」が20%台、「予定の期日までに商品が届きましたか?」が30%台。具体的には、どうも品数が確保できないのに予約を乱発しているので、「次回入荷までまってくれ」という対応、キャンセルするにもかなりてこずる様子。期日を守るとか、返品、交換、キャンセルの対応などの当たり前のことが「物売るっていうレベルじゃねーぞ!」というぐらい、なっていないようだ。
 こりゃ、やべえと思って、即予約取り消し。ぼったくり業者が値上げするほどってことは、また予約乱発で、商品が間に合わないってことがありそうだし。取り消せるかどうか心配でしたが、まだ予約の段階なので普通にできました。
 今回のポケモンはしばらく様子見て、店で買おうかと思います。

 しかしセブン&アイの創業者伊藤さんは立志伝中の人物だから、こういうのを知れば即対応すると思うんですけど。イトーヨーカドーもセブンイレブンもしょっちゅう利用するだけに、すごく残念です。
nice!(0)  コメント(0) 

ソウルキャリバー4 キャラクタークリエイション レシピ集 その11 [ゲーム]

「つくったんだから、アップしよう」という需要無視の記事。
別に見てもらおうとは思ってないし。

ようやく夏休みをとって気づいたことは、普段時間がないからできないと思っていたことは、時間がないからできないわけではなく、真にやる気がなかっただけだったんだということが、夏休みで時間ができてからわかる。


calibur122.jpg
キャラ ヴァレンタイン  出典 ギルティギア2

髪型 ショートボブ  頭 告死鳥の帽子  地肌 鬼百合装束
胴体 戦乙女のジャケット  腕 女忍の手蓋  腰下 ゴシックスカート
脚 戦乙女のブーツ

この帽子はこのキャラのためにあるといってもいいくらい。
他に思いつきませんでした。

calibur125.jpg
キャラ 黄金聖闘士  出典 聖闘士星矢

肩 正騎士の肩甲  胴体 勇士の胸当て  腕 正騎士の小手
腰下 正騎士の腰鎧  脚 正騎士の脚鎧

誰というわけではなく、セイントってこんな感じかな、というイメージ。


calibur126.jpg
キャラ アルデバラン  出典 聖闘士星矢

顔のタイプ 男性顔5  頭 バイキングヘルム  肩 正騎士の肩甲
胴体 勇士の胸当て 腕 正騎士の小手  腰下 正騎士の腰鎧  脚 正騎士の脚鎧


calibur127.jpg
キャラ 黄金聖闘士  出典 聖闘士星矢

頭 女神の兜  肩 パニッシュショルダー  地肌 チェインメイル
胴体 プレストプレート 腕 アイアンガントレット  腰下 女神の腰鎧
脚 翡翠の脚鎧

これも誰というわけではなく、セイントってこんな感じかな、というイメージ。参考はピスケスのアフロディーテです。なので、性別は女性で作ってます。



calibur128.jpg
キャラ 真田幸村  出典 戦国無双

髪型 ミディアンカット  頭 勇者の鉢金  肩 弓馬之袖  胴体 胴鎧直垂
腕 足軽の手蓋 腰下 彼岸之草摺  脚 紋付具足

戦国BASARAのイメージのせいか、歴女に大人気ですねえ。


calibur133.jpg
キャラ モンキー・D・ルフィ  出典 ワンピース

髪型 ショートヘア(くせ毛)  頭 ウィザードハット  胴体 レザージャケット
腰下 道化のパンツ 脚 草履

「海賊王に俺はなる!」
実はワンピースってまともに見たことがなくて、知ってるのは声優の一人が陰部露出写真をネット公開してつかまったってことぐらい(そこかよ!)


calibur134.jpg
キャラ ロロノア・ゾロ  出典 ワンピース

髪型 ショートレイジ 胴体 ワーカークロース 腰下 スロップス 脚 レザーブーツ
スタイル 御剣


calibur129.jpg
キャラ ブライ  出典 ドラゴンクエストⅣ

顔 男性顔18 髪型 なし 頭首 守護者の首布 胴体 僧兵装束 脚 レザーブーツ


calibur130.jpg
キャラ クリフト  出典 ドラゴンクエストⅣ

顔 男性顔1 髪型 ミディアンカット 頭 エミネントプリースト 首 守護者の首布
胴体 長袍 脚 レザーブーツ

これは、ネットで作ってあったものを目コピしました(目コピっていうのか?)
前にアリーナ姫作りましたから、セットで。

calibur131.jpg
キャラ グラディエーター(ラッセル・クロウ) 出典 グラディエーター

顔 男性顔9 髪型 ショートレイジ
肩 ウォーロードショルダー 胴体 勇士の胸当て 腕 草紋手甲
腰下 執行人のベルト 脚 執行人のブーツ


calibur132.jpg
キャラ シモン  出典 悪魔城ドラキュラ

髪型 ロングストレート ポールドロン 勇士の胸当て 草紋手甲
腰下 執行人のベルト 脚 サンタブーツ


calibur135.jpg
calibur136.jpg
キャラ チアリーダー忍者  出典 チアリーダー忍者&ニンジャ★チアリーダー

髪型 ロングヘアー 胴体 ショートスウェット 腰下 プリーツスカート
足首 ルーズソックス 脚 レザーシューズ

新聞で深夜番組の見出しに「チアリーダー忍者」なる、「なんだそれ!?」というおバカなタイトルを見つけたので、ネットでどんなもんか調べてみました。似たようなのが2つあるんですね。しかし、チアリーダーと忍者ってどういう組み合わせなんだか。
「ナース山伏」とか、「スチュワーデス侍」でもいいぞ!
わからない方が多いと思うので、一番下のアマゾンの商品クリックの画像をご覧ください。
上が「チアリーダー忍者」、下が「ニンジャ★チアリーダー」のイメージです。
ちなみに私も本編は見たことがありません(笑)。


calibur137.jpg
calibur138.jpg
キャラ お蝶夫人&岡ひろみ  出典 エースをねらえ!

髪型 ツインロール 地肌 ノースリーブタイツ 腰下 プリーツスカート
脚 レザーシューズ

「トップをねらえ!」のノリコとお姉さまは、明らかにこれのパクり、というかオマージュです。


calibur139.jpg
キャラ 小野正利  出典 ?

髪型 ロングウェーブ

レシピがどこかへいってしまいましたが、誰も困らないでしょう(笑)
この人もヒット曲は「You're The Only」しか知らないし、日テレの物まねくらいしか見なかったんですが、そのモノマネ番組も終わってしまいました。


calibur140.jpg
キャラ ぶるうたす  出典 お笑いスター誕生

昔、日テレ系で、土曜日に「お笑いスター誕生」という番組がありまして、そこに出ていた筋肉漫談(?)の方です。ムキムキマンじゃないよ。
ちなみに「お笑いスター誕生」出身者は、出世頭はとんねるず、他にはコロッケ、B&B、ツーツーレロレロ(宮崎県知事そのまんま東と大森うたえもんのコンビ)、小柳トム(後のバブルガムブラザーズのブラザートム このときは、アフロヘアにヒゲという佐藤蛾次郎のような風貌に両津勘吉のようなだらしない警官服といういでたちでした)など、なかなかのメンバーが出ていた。
わ、ぶるうたすの説明よりお笑いスタ誕の説明の方が長い・・・。


calibur141.jpg
キャラ 松鶴家 千とせ  出典 ?

顔 男性顔18 髪型 アフロ 
胴体 ブレザー  腰下 フォーマルパンツ  脚 革靴
「わかるかなあ? わかんねえだろうな」
はい、若い方には全くわからないと思います(笑)。



calibur142.jpg
キャラ バラク・フセイン・オバマ・ジュニア  出典 アメリカ合衆国第44代大統領

顔 男性顔19 髪型 一厘刈り
胴体 ブレザー  腰下 フォーマルパンツ  脚 革靴

     「Change!」
ノッチじゃありません(笑)


calibur143.jpg
calibur143-2.jpg
キャラ ルパン三世  出典 ルパン三世

顔 男性顔2 髪型 ショートレイジ
胴体 ブレザー  腰下 フォーマルパンツ  脚 革靴

「見ないと殺すぞ!」
上記セリフは、「ルパン」の特番をやるんで、インタビュアーが故山田康雄氏に「ルパンさん、視聴者のみなさんに一言」とふったら、あまりに急で、ルパンの役作りが間にあわなかったのか、言葉が思い浮かばなかったのか、とっさに出たのがこの一言で、びっくりした記憶がある。ルパンは人殺さないし。
上が旧、下が新です。
個人的には緑ジャケットの旧作が好きですが、ルパン人気を不動のものにしたのは、赤ジャケットのほうなんですよね、うーむ。


calibur144.jpg
キャラ ギム・ギンガナム  出典 ターンAガンダム

顔 男性顔5 髪型 アフロ
胴体 陣羽織 腰下 ウォリアーパンツ 脚 レザーブーツ

「黒歴史を知らない愚か者は、地に這いつくばって消えてもらうッ!!」


calibur145.jpg
キャラ 真幌羽士郎(ビリー・ザ・ショット) 出典 銀河烈風バクシンガー

顔 男性顔1 髪型 アフロ
首 ウィッチマント 腕 レザーグローブ 胴体 木綿のシャツ 
腰下 決闘者のパンツ 脚 レザーブーツ 

「J9って知ってるかい 昔太陽系で粋に暴れまわってたって言うぜ 今も世ん中荒れ放題 ボヤボヤしていると後ろからばっさりだ どっちも どっちもどっちも どっちも!」





nice!(0)  コメント(0) 

ニュースは「見出し」だけ読め [ニュース・世相]

 最近はやりの池上彰さんの番組などを見ていると、「ああ、やっぱりニュースはチェックしておかないとなあ」と思います。

 ところで、ニュースをチェックする意義って何なのでしょう。別にニュースなんて知らなくたって生きていけます。私のように「あ、ニュースをチェックしておかないとなあ」と思った方の大半は、今までほとんどニュースに無関心で暮らしてきたわけですから。

 でも、「ニュースチェックしよう」と思ったということは、何かしらニュースをチェックしておかないとまずい、と思ったわけです。この理由を自分なりに考えてみると、
1 世の中の常識、現在話題になっている事件をネタとしてつかんでおく
2 仕事や生活にいかす
3 知識として身につけ、勉強する
といったところかなあ、と思います。
これ、1、2、3と順番にニュースの理解度が深くなっていっているんですね。

 1は、単に人と話していて「え、お前そんなことも知らないの」と言われないためにするチェックです。サッカーに全く関心がなくても、「南アフリカでワールドカップが開催され、スペインが優勝した」ぐらいは知っておかないとまずいと思います。
さすがにこのくらいのことを知っていないと、「あいつ、そんなことも知らないなんて、家にテレビあるのかよ」ぐらいのことは言われかねません。最低でもこのぐらいは知っていないと、ちょっと日本人としてヤバイよね、というレベルです。

 2は、仕事や生活で役に立つレベルです。例えば、「日経平均株価が下がっている」というニュースから、「あ、また景気が悪くなってるのかな」とか、そこまで行かなくとも、「牛丼が値下げ合戦で熾烈な争い」というニュースから、「そんなに安くなってるなら食べに行こうかな?」とか、自分で考えたり、行動したりできるレベルです。他にも新製品情報を見て、「これいいな。発売されたら買ってみようか。」と思うのも、このレベルです。

 3は池上さんの番組レベルです。現在、円高が進んでいる。では、円高になるとどうなるのかというのをニュースをきっかけに調べたり、中国が最近話題になっているけど、最近の中国ってどうなってるのかな、と調べてみたり、といったニュースを深くチェックして、さらに自分なりに調べてみるというかなりのレベルです。

 3のレベルまで行ければ本望です。3のレベルの人はニュースをチェックしておかないとなあ、とは思わないはずです。しかし、0レベルの人は、せめて1のレベルくらいは知っておかないと、と思うでしょうし、1の人は2レベルに、2の人は3レベルにならないとなあ、と思ったからこそ、「ニュースをチェックしておかないとなあ」と思ったはずです。
ちなみに私はレベルとしては1と2の中間くらいでしょう。だからこそ、「ニュースはチェックしないとなあ」と思ったのです。

 でも、ニュースって、社会、芸能、スポーツは単なる事実さえわかればいい報道ですから、チェックさえすれば誰でも理解できるはずです。しかし、政治と経済については、ある程度の知識がないとニュースをチェックしただけではわからないわけです。だからこそ池上さんのような存在がもてはやされるわけです。
 例えばAKB総選挙で、大島優子が1位になった、次のシングルは大島がセンターだ、と芸能ニュースは報道されたとおりなので、誰でも理解できます(もっとも、AKBの選挙結果による今後の仕組みとかはよくわからないけれども)。
ところが、先の参院選で、民主党が大敗して、過半数の議席を確保できなかった、と言われても、知らない人は、「うん、それで?」となるはずです。自民党が議席を増やしたからといって、別に谷垣がセンターになるわけじゃありません。衆議院の第一党が、参議院で過半数を取れないと、衆議院で議決されたことが、参議院では否決される可能性がある。政権運営がスムーズに進まない、場合によっては、運営できない政策も出てくる、という問題が起こるということは、そういう政治とか国会運営の仕組みを知っていないと理解できないわけです。

 というわけで、0レベルの人にいきなり3レベルのニュースチェックをしろと言っても無理です。こういう人は新聞だって読まないだろうし、読んでもスポーツ新聞だったり、テレビもワイドショーで芸能ニュースを見るくらいだったりでしょう。
 また、忙しい人だとニュースを見たり、新聞を読んだりしている暇がないでしょう。たいがいニュースの時間は忙しい時間ですし、電車の中では新聞も読みづらいですし、電車では小説を読んだり、iPodで音楽を聴いていたいでしょうからねえ。

 そこで私がやっているのは、携帯電話でニュースサイトの見出しだけチェックするという方法です。これなら出先でも、歩きながらでも(危ないのでお勧めはしません)、朝のちょっとした時間や、昼休みでもチェックできます。「見出しだけでわかるのか?」という疑問もありそうですが、何も見ないよりはましですし、ニュースの見出しをあなどってはいけません。見出しにはかなりの情報があります。見出しは要するに「1行ニュース」です。電光掲示板に流れるアレです。だから、詳細はわからなくとも概要はわかります。それに見出しは限られた字数で事件の概要を的確に知らせなければいけないわけですから、各社とも、かなり力を入れて見出しは考えているはずなのです。

 私が使っているドコモのiモードのニュースサイトは、同じ事件のニュースを数社分まとめて見ることが可能です。iモードは、朝日、読売、毎日、産経と、各社のスポーツ紙 日刊スポーツ、スポーツ報知、スポーツニッポン、サンケイスポーツの記事と、時事通信社、共同通信社の記事を読むことが可能です。
 これは、パソコンでも同じようにできます。パソコンだったら、ヤフーニュースやグーグルニュースならば、「社会」「政治」「経済」「海外」などのカテゴリーごとに分かれています。同じカテゴリーの見出しをやはり数社分まとめて見られます。ヤフーニュースは、iモードの新聞社のほかにロイター、日経、オリコンなどの記事も見ることができます。ただし、カテゴリーは分かれていても、事件ごとには分かれていないので、同じ事件の記事を数社分まとめて見られるiモードの方が便利です。また、パソコンだとネットブックのように持ち運べるものでないと、どこでも見るというわけにはいかないし、歩きながらは無理です。
 実際にiモードの見出しを見てみると、iモードサイトの事件見出しがあり、そこからリンクをたどると、各社記事のその事件に関する見出しがずらりと並んでいます。こんな感じです。

 電子たばこ、一部から微量のニコチン 15商品で検出(朝日)
 電子たばこ「ニコチン入り」あり…回収指導へ(読売)
 電子たばこ/微量のニコチン検出 無承認医薬品で指導(毎日)
 電子たばこからニコチン検出 25銘柄中11銘柄で(共同)
 電子たばこにニコチン!表示「ゼロ」なのに4割から検出(報知)

 8月18日の「電子たばこから入っていてはいけないはずのニコチンが検出された」という事件の記事です(読売と報知は、記事の見出しだけではどちらかわからなかったので、もしかしたら違っているかもしれません)。
 この見出し全体からわかることは、「電子たばこからニコチンが検出された」「15商品から検出された」「25銘柄中11銘柄から検出された」「全体の4割から検出された」「回収を指導した」「無承認医薬品で指導した」ということがわかります。これだけわかれば、1レベル、場合によっては2レベルまでカバーできるのではないでしょうか。「15商品」と「11銘柄」で違っていますが、間違いだとはいえません。1銘柄で数種類あるのもあるかもしれないので、11銘柄で15商品あるかもしれないからです。社会事件で多いのですが、「死者10名」と「死傷者20名」は矛盾しません。前者は死んだ人の数ですが、後者は死んだ人とケガした人の合計数だからです。気になるようだったら、記事本文を読めばいいだけの話です。
 また、「指導した」のはおそらく行政なんだろうけど、この行政機関がわからない、という場合も記事本文を読めばいいわけです。読売の本文を読みますと、

電子たばこ「ニコチン入り」あり…回収指導へ(2010年8月18日20時31分 読売新聞)
 国民生活センターは18日、電気でカートリッジの液体を霧状にさせて吸う電子たばこの中に、薬事法で医薬品成分とされるニコチンを含むものがあったと発表した。
 これを受け、厚生労働省は同日、「薬事法に基づいて承認したニコチン入りの電子たばこはない」として、都道府県に対し、販売業者に販売中止や回収などの指導を行うよう依頼した。
 電子たばこは中国製が多く、「ニコチンを含まない」と表示する品がほとんど。
 同センターは5~7月、通信販売などで購入した25銘柄45種類の電子たばこの液体に含まれるニコチン量などを調査。その結果、11銘柄15種類からニコチンが検出された。
 ニコチン量は390マイクロ・グラムあった1種類を除くと、0・46~18マイクロ・グラム。国内の紙巻きたばこ1本分の煙に含まれるニコチン量100マイクロ・グラム以上に比べると微量だったが、「禁煙や節煙の効果ははっきりしない」としている。
 同センターには、電子たばこについて、2007年から今年6月末までに、「ニコチンが入っているのでは」「吸ったら気分が悪くなった」などの相談が309件寄せられていた。

 見出しだけで概要はわかりましたが、この記事本文を読むと、
「電子たばことは、電気でカートリッジの液体を霧状にさせて吸うたばこである」
「ニコチンは薬事法で医薬品成分とされる」
「回収指導をしたのは厚生労働省だ」
「ニコチンが検出されたのは11銘柄15種類だ」(さっきの15商品11銘柄は間違っていなかったわけです)
「国民生活センターに309件も相談があった」
ということがわかります。ここまでわかると、3レベルに足をかけたかな、という感じです。

 とにかく、とりあえず見出しだけでもチェックしておく、そして気になる見出しは本文も読んでおく。これで十分だと思います。さらに興味がわいたら、本やネットで調べてみるとますます理解が深まると思います。

 見出しも、本文も気になったものだけ読むだけで十分です。全部の見出しをくまなくチェックしようとか、私のように気になる見出しを全部メモするなんてことはしないほうがいい。よほどの根気がなければ、絶対途中で挫折します。私はいつ挫折するか気が気じゃないです(笑)。

 見出しだけでも見るのはめんどくせえ、という方には興味のあるジャンルの記事だけおっかけるところからはじめることをお勧めします。好きな芸能人の記事だけ追いかける、サッカーファンだからサッカーの記事だけ追いかける、映画好きなので映画情報だけ追いかける、家電芸人なので家電の新製品情報だけ追いかける・・・、という俗っぽいところからはじめていけば、それが毎日ニュース見出しを見続けるきっかけになるかもしれません。

 例えば、特にファンというわけでもないですが、最近芸能ニュースでやたら目立つ「AKB48」は私が気づいただけで、8月中だけでこれだけありました。

8/2 携帯にAKBきせかえサイト誕生(スポニチ
8/3 AKB初香港 現地ファン3000人(報知)
8/8 おぐまなみの正体は?AKB48の最年少(日スポ)
8/8 AKB柏木が握手会「快晴の120%です」(日スポ)
8/9 AKB、17枚目シングル発売の18日に“17時間ラジオジャック”(報知)
8/9 お友達です…AKB大島優子 公の場でウエンツとの熱愛否定(スポニチ)
8/12 さすが現役!佐藤夏希「AKBで1番の学力が売り」(スポニチ)
8/15 AKB48初漫画連載!マガジン2紙から(日スポ)
8/16 AKB48新曲、民放ラジオ局をジャック(サンスポ)
8/16 AKB48の篠田、興奮! 3連複を1点予想で的中(サンスポ)
8/17 AKBお笑いトリオ「フレンチキス」結成(日スポ)
8/18 前田敦子初ヒロイン役はロボット少女!?(日スポ)
8/21 大島優子「AKB選挙」公約実行しました(日スポ)
8/23 ヤクルトに勝利の女神?AKB48新ユニットが始球式(スポニチ)
8/24 木の実ナナ、AKB秋元と共演「AKB49になりました」(報知)
8/24 AKB48が2作連続初動50万枚超達成(日スポ)
8/24 AKB大島優子「“無”に、ありのままの私を出せた」(報知)
8/25 「AKB48の握手券は有価証券」偽造の被告に有罪判決(朝日)
8/27 AKB48ラジオで私物プレゼント(報知)

 「日スポ」とは、日刊スポーツの略です。ここは通常「ニッカン」と省略されるようですが、古い略称を使っています。
 芸能ニュースの難点は、見出しだけで内容がつかみにくいことと、本文を読んでも、iモードの無料で読める記事だけだと見出しに関するネタまで読めないことです(無料で読めるところまでだと「いつ、どこで、何のイベントがあったか」だけで、どのような発言があったかまではわからない)。

 だんだんやっていくと、「芸能ニュースって役にたたねえな」と感じると思います。芸能通になる、自己満足ならいいんですけど、知ってたって自分の生活に何の役にも立たないし、知らなくたって全然困らない。社会人になると痛感します。むしろ政治とか経済とか国際情勢とか、そっちの方を知ってた方が役に立つな、と思ったら、少しずつ政治ネタ、経済ネタなどを見ていくといいと思います。経済ネタもいきなりNYダウの話題とか、FRB議長発言の話題とか入るのではなく、俗っぽいところから入るのがいいと思います。
 例えば、

8/11 餃子の王将、2ヶ月連続前年割れ 7月既存店売り上げ(産経)

8/17 シャープ、職場などで使える携帯型プラズマクラスターを9月発売(産経)

なんていう高尚なネタではなく、自分の身近な話題からせめていくのがいいかと思います。

 まとめますと、
1 毎日見出しだけでいいからニュースチェックする
2 自分の興味のあるジャンルのニュースチェックをしてみる
3 見出しを読んで気になったものだけ、本文記事を読む
4 気になる見出しを読むだけ 決して全部の見出しを読んだり、メモしたりしない

 1カ月もやると、自分の読んでいたジャンルのニュースについては、けっこうネタとして身につくし、知識として定着はしていなくても、アンテナをはっている感があって、意欲がわいてくるのでは、と思います。

nice!(1)  コメント(0) 

ガンダム台場に立つ [イベント]

 公開終了から4ヶ月たってようやく記事を書くって、ブログとしては完全におかしいけれど、お台場のガンダムについて書かせていただく。せっかく写真も撮ったし。

 タイトルは「機動戦士ガンダム」第一話のもじり。当時のブログ記事でもこのタイトルをつける人多かったし、電車の中吊り広告のキャッチコピーもこうだったなあ。

 当初は、行きたいけれど混むからなあ、まあいいか、と思っていたのですが、弟がぜひ見たいので一緒に行かないかと誘ってきたので行くことにした。たぶんこういう機会がなければ行かなかったと思う。
 予備知識がまったくなく、最初はどこに展示されているのかさえ知らず、行く段階になってはじめて調べる。当時ガンダムが公開されていたのは、お台場の「潮風公園」。潮風公園の最寄り駅はゆりかもめの船の科学館駅か台場駅だが、ガンダムの設置してあった太陽の広場には台場駅からのほうが近い。ところが公式サイトには潮風公園としか書いていなかったため、潮風公園の正門に近い船の科学館駅まで行ってしまった。でも、台場駅から船の科学館駅までの間にゆりかもめの車窓からガンダムが見える。車窓からのガンダムはまずお目にかかれない光景だ。

 この日は8月16日で時間も16時台だが、かなり暑かった。公園入り口からガンダムの見える場所まで歩いていくのはきつかったが、もう心は期待に揺れている(笑)。しばらく歩くと木々の間からガンダムの上半身がドーンと突き出ているのが見える。これは我々ガンダム世代にはたまらんシチュエーションだ。「おおっ!!」となる。先に見に行っていた職場の先輩も「木の茂みから上半身だけ見えてるところはそれっぽくて感動する」と語っていましたが、まさにそのとおり。ただ、そのシチュエーションでは写真を撮るにはいいアングルがなく、掲載に向いている写真がない。許して欲しい。全身が見えるところまでたどりつくと急いで正面に回りこみ夢中でカメラのシャッターを押す。うーん、この辺は子供になってしまう。

gundam01.jpg
全長18mだから結構大きいが、六本木ヒルズ、ランドマークタワーなどみていると、威圧されるほど大きいとは感じない。4階建てのビルぐらいですからね。

 16時台なので、陽が傾き始め、だんだんガンダムにかぶってくる。ちょうどガンダムの後方に太陽が落ちる感じになり、うまく位置取りするとガンダムに後光がさしているように見える。そしたら、みな考えることは同じで、後光ガンダムを撮りたくて、ガンダムの影の部分に一直線に人が集まってきた。傍からみると変な光景だ。

gundam02.jpg
これがみんなが撮りたかった「後光ガンダム」だ!
首がないようにみえるぞ。

 近くの架設テントでは、お台場限定のガイドブックとプラモデルを売っていた。プラモデルだけ買う予定だったが、ガイドブックも欲しくなり財布を見るが、金が足りない・・・。仕方なく弟を呼んで1万円借りて両方買った。
後で見たら、ガイドブックは買うほどの内容ではなかったのだけれど。

gundam04.jpggundam05.jpg
左がガイドブック、右がプラモデルだ。プラモデルは市販の30周年記念モデルと同じようだが、箱がお台場オリジナルになっている。

 そろそろ堪能したから帰ろうかと思ったら、まもなく17時になるところだったので、残ることにした。周りの雰囲気から察するに、定時になるとガンダムに何かが起こるらしい。17時になると、「ガンダムカードビルダー」をやっていた方にはおなじみの映画「めぐりあい宇宙」編冒頭で流れていた「ホワイトベース月へ」が会場に流れてきた。そのうち、ガンダムの肩からシューッとスモークが出て、ガンダムの首が動きこっちをみた。

gundam10.jpg
「ガンダム、こっち見んな!」

 なんとこんな仕掛けがあったとは。って、動くのは知ってたんですけど、いつ動くのかは知らなかった。さらに首は上までむくのだ。まるで、「長七郎江戸日記」ラストで事件を解決した里見浩太朗が「あぁ」と空を見上げるシーンみたいじゃないか! って、わかりづらいわ!!里見さん、そんなに上向かないし。

近くに寄ることができたので、デカールの文字を望遠で撮ってみた。メンテナンスの際の注意事項が書いてあるようだ。結構凝っている。ただ、惜しむらくは、すべて同じメッセージらしく、マニアいわく場所によってメッセージを変えてくれればとのこと。ただ、視点がマニア過ぎる。そこに力入れてもほとんど見てる人がいないんじゃないかと思う。

gundam06.jpg
はめ込むボルトのサイズなどが書かれているようです。

gundam07.jpg
後方から撮影。あえてビルを入れると市街戦のようでかっこいい。

 さて、一度行ってしまうと余裕が出るのか、一人では面倒だから行きたくないといっていたのに、「ライトアップが綺麗そうだから夜も行ってみよう」などと無謀なことを考えてしまう。
まずは、カメラを買い換えた。実は、お台場のガンダムは3年ほど愛用していたα100の最後のお仕事だった。α100を下取りに出し、α330にグレードアップした。今度は液晶モニタが動き、一眼レフなのに、レンズから取り込んだ画像を液晶モニタに写すこともできるのだ。これによりファインダを覗きにくいシチュエーションでも楽に撮影することができる。
特に夜景撮影ではスローシャッターにせざるをえないので、ファインダーをのぞくとブレやすく、この機能は重宝する。

 職場までα330を持って行き、仕事帰りにお台場に直行する。18時を過ぎるといい感じに暗くなってきた。今度はちゃんと台場駅で降りる。平日の夜だから人が少ないかと思ったらとんでもない!公園まで歩くのにほとんど行列といった感じだった。台場駅のエスカレータの側には「ガンダム」の文字と矢印だけ書かれた手書きの紙が貼ってあり、かなりシュールでした。いかにシュールか写真を撮っておくべきでした。

ライトアップの写真は以下に。
gundam08.jpg

20時を過ぎるとライトアップは終わり、さらにしばらくすると、ガンダムの周囲の照明も消され真っ暗になり、もはや撮影不能となる。そんな時間まで粘って撮ってました。

gundam09.jpg
ライトアップが終わってもしばらくは周囲の照明でこの程度は撮れました。
なんかプラモデルみたいです。

 最終日の8月31日は台風が直撃し、とんでもない天気だったので、行ける時に行ってしまってよかったかなと思ってます。

nice!(0)  コメント(0) 

ゲームのはなし4(Forza Motersport 3) [ゲーム]

 一連のゲームのお話の最後は「Forza Motersport3」だ。本当はもっと早く記事にしたかったのですが、長くなりすぎて文章を調整してました。
前作からほしかったんですけれど、買っていませんでした。今回はじめて「グランツーリスモ5」のつなぎとして買いました。だって「グランツーリスモ5」がなかなか出ないんだもん。PS3を買った理由のひとつに「グランツーリスモ」をやりたかったというのがあったのだけど。

 個々のポイントを見ていくとそれぞれに良し悪しがあると思いますが、トータルでみると「Forza Motersport3」に軍配が上がるかな。もっともXBox360とPS3の両方を持っている人というのはそうはいないので、両者を比べる人自体が非常に少ないと思われますが・・・。

画像1.jpg
とりあえず最初の一台は、我が家のファミリーカーである「ホンダ フィット」にしました。カラーも同じにしてみました。なかなかリアルです。

 まず、「Forza Motersport3」の方が難易度調整が柔軟です。レースゲームが苦手な人でも難易度をEASYにして、ドライブアシストをありにすれば、敵車は弱いし、オートブレーキはきくし、コースアシストがついてコースラインとブレーキを踏むタイミングがわかるので、しばらくこれでやって楽しむのがいいでしょう。この難易度だと私のようなヘタレでもだいたい1位になれます。

 さらに「リワインド」という機能が便利なのだ。例えば障害物にぶつかったり、コースアウトしてしまって、「せっかく今までいい走りをしたのに、またリスタートだ」というときにこの機能は重宝します。コントローラーのバックボタンを押すと、なんとビデオの逆再生のようにスルスルと車がバックし、事故前の状況に戻るではないか! そしてそこからやり直せば、何事もなかったかのようにレースが進む。どんなドラえもんの道具だい?(笑) リプレイでみても何事もなくレースが進む。うーむこれは面白い。もちろん、そういうのがいやな人はその機能を使わなければいいだけの話だ。ああ、私の人生もリワインドできればなぁ(笑)。

 私が難しいと思うのは、敵車を抜くこと。どうしても敵車にぶつかってしまうのだ。ぶつかってしまうと愛車がダメージを受けそれはもうむごいことになってしまう。グランツーリスモだと無傷なのに。さらに難易度を上げると、ダメージによって車の性能も変わるし、もらえる賞金も減ってしまうのだ。

画像2.jpg
これがダメージを受けた後の愛車。この程度でもマシなほうで、もっとひどいダメージを受けるとフロントガラスにひびが入ったり、ボンネットがひしゃげたりする。敵車にいたっては、横転したのもありましたよ。

 収録コースは100コース以上、車は50メーカー400車種だそうだ。GTPSPより収録車種は少ないが、疑問符がつくような水増しはしていないので安心だ。むしろ収録コースが多いのがありがたい。イベントもテスト10、アマチュア30、メーカー50、セミプロ40、プロフェッショナル30、スピードウェイ10、ドラッグレース10、クローズドコース20、耐久レース10、チャンピオンシップ10、合計220ものイベントがあるのだ。イベントが全くないGTPSPはお話にならない。「グランツーリスモ5」はイベント数でもがんばってもらいたい。車種ばかり多くてもイベントが少ないとモチベーションが下がる。

 車の価格もグランツーリスモよりは良心的な気がする。いや、レースの賞金が高いというべきなのか。ただ、中古車市場がないのは残念だ。車の売却もオンラインのオークションでないと売却できないのも残念だ。あ、それはGTPSPと同じかな。

 プレゼントカーはイベントクリアではなく、ドライバーレベルが上がるたびにもらえる。ドライバーレベルはイベントレースをクリアするともらえる経験値に応じて上がるので、何回かイベントレースをクリアするとプレゼントカーがもらえる仕組みだ。なので、車は無理して買わなくても、プレゼントカーで済ませることも可能だ。獲得経験値は賞金額と同じだ。経験値でプレゼントカーがもらえるということは、必ずしもイベントで優勝しなくてもいいわけで、どんなヘタレでも完走さえすれば絶対プレゼントカーがもらえる。この点もグランツーリスモよりよい。

 レース中の写真を撮ったり、動画を記録し、それをアップすることも可能だ。しかし、PCに保存するのも一度アップしてから、PCのブラウザでforzamotersport.netにアクセスして、WINDOWS IDでログインしてマイページを開かなくてはならないと、かなり面倒だ。本体から直接持ってくる方法はないものか。しかもアップするのにXBoxLIVEゴールドメンバーでないとならないのだ。こちらはグランツーリスモの勝ちでしょう。

 隠れた目玉は「ペイントモード」。本来は、車体の色を変えたり、ステッカーを貼ったりするモードなのだが、スタンプのように図形などを貼り付けられる「バイナル」というのがある。このバイナルをうまく使うと、何と痛車が作れるのだ。実は前作「forza2」から「痛車が作れる」とその筋では評判だったらしいのだが、私は今回はじめて知った。
どうやって作るのかというと、絵のパーツを■や△や○などの図形を変形させてひたすらレイヤーで貼っていくという山下清もビックリの貼り絵方式だ。しかも1レイヤーに1図形で1000レイヤーまでなので、1000枚以内で作らなければいけない。しかし、そのクオリティたるやすごいの一言だ。以下のページを参考にしてほしい。

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52053079.html
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52060722.html


このモード、ドロー機能はないので絵を描いているわけではない。画力ではなくあくまでも根気が必要な作業だ。

このあたりの動画を見るとどうやって作っているかがわかるはず。




痛車大好きというわけではないが、この動画を見ると、脱帽する。まさに職人芸ですね。

 著作権保護のためか、外部から画像を引っ張ってくるといったことは一切できなくなっている。画像を読み込んでいるわけではなく、図形を貼り合わせて絵を作っていると知ったら驚きだろう。まさに職人芸だ。
この事実を知った上で、このクオリティを見ればみな驚くに違いない。もっともドローではなく貼り付け作業だけでこのクオリティだからこそ痛車デザインの希少価値があるのだろう。

 自分で作れないという人も心配はいらない。ストアフロントで世界中の職人からゲーム内のクレジットを使って、デザインなどを購入できるようになっている(ただし、XBoxLIVEゴールドメンバーでないとならない)。反対に職人たちは買い上げ分のクレジットを受け取ることができる。レースが苦手でも、デザインセンスのある人ならこういう方面で賞金を集めるといった楽しみ方もできる。

 個人的には、これだけペイントがはやってるんだったら、もっと使いやすく改良してもいいと思うのだけれど、現状でこれだけできる人がいるのだから、特にその必要はないのかもしれませんね。リアルで痛車がほしいけど、金がない、乗るのが恥ずかしい、何台もほしいという願いも「Forza Motersport3」ならば、かなえることが可能だ。こういう楽しみ方も「あると思います!」(天津木村風)。自分の愛車を痛車にして、リプレイで走っているのを眺めるのは、なかなか楽しいものです。もちろん痛車だけではなく、その他のさまざまな絵やメーカーロゴなどをデザインすることもできる。要はその人のセンスしだいだ。
 これは、「グランツーリスモ」は負けたなあ。車を集める楽しさもあるけれど、いろいろな人のデザインを集めるのも楽しいと思います。さらにこのペイントモードで色を自在に塗り替えられるのもいい。グランツーリスモは色違いをそろえるのにもいちいち金がかかる。てゆーか、自在に塗り替えなんかできないし。しかもペイントモードの色の塗り替えは自分で色を作ることもできるし、ペイント料は無料だ。

 ちなみに私のマイカーはすべて痛車にしました(笑)。痛車が好きというわけではないが、この職人芸にはほれぼれする。機会があれば、私も痛車を作ってみようと思う。

 車種では、この「Forza Motersport3」には、グランツーリスモにはないポルシェがある。なぜグランツーリスモはポルシェ社と契約できないのだろう。一応「ルーフ」というポルシェもどきのメーカーは登場しますけど。ここでもグランツーリスモは負けてるなあ。レースゲームそのものとしてはどちらもいい勝負しているんですけどね。

 次回は「Forza Motersport3」を掘り下げてみようと思います。


nice!(1)  コメント(2) 

ゲームのはなし3 [ゲーム]

 続いては、「ポケモンハートゴールド」。「ポケモンソウルシルバー」と同時発売で、それぞれゲームボーイで発売された「ポケモン金・銀」のリメイク版である。私がプレイしたのは「ハートゴールド」であるが、「ソウルシルバー」と違うのは出現ポケモンと伝説のポケモンが「ホウオウ」(notベネディクト16世)か「ルギア」かという違いぐらいで、大きな違いはない。

 今までポケモンは買い続けてきたのだが、このシリーズだけは買っておらず、プレイしたことがなかった。まず、初代ゲームボーイで「赤」を買い、ついで「緑」、「青」、「ピカチュウ」を買い、その後はアドバンスの「サファイア」、DS版「ダイヤモンド」と買って、今に至る。「ポケモン金・銀」のあとは「パール」じゃないかと思うのは、ブルーダイヤのCMの「金銀パールプレゼント」を見すぎている私の世代だけだろうか?(笑)

 赤、サファイア、ダイヤモンドはクリアし、緑、青、ピカチュウはなんとなく買った。ちなみにピカチュウがアニメ同様「ピカチュウ」と鳴くのは、シリーズ中「ポケモンピカチュウ」だけだ。

 プレイしてみると、やっぱり実にうまく構成してあります。だんだんと新しい要素を入れなければならず、奇をてらいすぎ、限界が感じられるドラクエよりはずっといい。初期のドラクエのいいところを髣髴とさせる作品です。
ポケモンのコレクション要素あり、自分のポケモンを育てる育成要素あり、もちろんストーリーを進めるRPG要素ありと文句なしのできだ。

 最後のチャンピオンロードだけは、かなりポケモンを育成しなければならないが、それまではポケモンの属性の得意・不得意を心得ていれば大丈夫だ(例えば、水は電気を通すので、みずポケモンはでんきポケモンに弱いとか、火は草を燃やすので、ひポケモンはくさポケモンに強いが、水は火を消すので、みずポケモンには弱く、草は水を吸うので、くさポケモンはみずポケモンに強い、など)。

 これだけ長く続いているシリーズだから、やはりできはよく、文句のつけようがない。幻のポケモンはつかまえにくいが、そんなことで弱音を吐いていたら、同じゲームをやっている子供に笑われてしまう。どんなにだめでも何度かチャレンジすれば必ずゲットできる。しかも、そういう仕様だからといってゲームの評価が下がるものでもない。

 メインのプレイヤーがお子様なためか、今まで書いてきたゲームのような理不尽な仕様にはなっていない。したがって、このゲームには不満はない。
欲を言えば、今までのシリーズに登場した地方とポケモンがすべて出てくるような、ポケモン集大成のようなバージョンを作ってもらいたいところだ。

 ただ、今作はリメイクだからいいですが、そろそろもうポケモンの数が増えすぎて、飽和状態ですかね。最初は151匹だったのに、いまや500匹にせまる勢いだ。今後もシリーズを続けて増えていくと、しまいには1000匹もいってしまうかもしれない・・・。




 続いて「鉄拳6」
 初期の「鉄拳」は3D格闘のはしりだったが、「バーチャファイター」などとくらべるとキワモノゲームの感がいなめなかった。ところが代を重ねるごとに人気が上がり、今や格闘ゲーム一番人気らしい。(何をもって一番なのかは知らぬが)わからんものだ。確かに増加していく新キャラを見ると、キワモノもいるが、初代に比べたらまだまだまともで、キワモノゲームではなくなっている。万人受けするゲームになったとしても不思議はない。私は「鉄拳」も初代からずっと買い続けている。最初に買ったきっかけは、当時のPSでは、その頃「鉄拳」ぐらいしか楽しめそうなゲームがなかったからだ(あとは「リッジレーサー」「闘神伝」くらいか?)。
特にPS2を最初に買ったときは、「リッジレーサー5」と一緒に「鉄拳タッグトーナメント」を買い、初日にもうれつにやりこんだ記憶がある。もう10年近くも前の話だ。

 今作のウリは、当初から選べるキャラが40人もいること。初代がデフォルトで8人だったからその5倍に増えたことになる。うへえ! あまりにキャラが増えすぎて、どのキャラがいつから増えたとか、人物相関図もわからなくなってきている。また「鉄拳3」以降は、キワモノキャラが追加されなくなり、初代のキャラの濃さが際立ちすぎる。でも初代のキャラのほうがやはりインパクトはあるなあ。

画像4.jpg
これがキャラセレクト画面。最初はキャラの多さに圧倒される。

 他のウリは、コスチュームを買って、さまざまなコーディネートができることだ。だが、コスチュームの値段が高い。ファイトマネーを稼いでもぜんぜん足りない。数十回戦って、やっと1パーツ買える程度だ。またまた金稼ぎゲームか?と思ったら、ファイトマネーは「シナリオキャンペーンモード」をやるとガンガンたまるようになっていた。しかもアイテムのドロップもあるので、一石二鳥だ。しかもドロップアイテムは「シナリオキャンペーンモード」に限り特殊効果がつくので、ショップで買うよりお得だ。まあ、好きなコスチューム=特殊能力の高いコスチュームといかないところがきついですが、そこはうまく着せ替えさせるしかないだろう。

 「シナリオキャンペーンモード」とは、ファイナルファイト風縦横スクロールの格闘ストーリーモードだ。どちらかというと私は初代の「熱血硬派くにおくん」と似ているように思う。あのゲームは結構斬新だと思っていたのに、その後はSDキャラでドッチボールなどになってしまい、非常に残念だ。アーケードモードはただ戦っているだけ感があり、ややもすると飽きてしまうが、「シナリオキャンペーンモード」はやりこみ要素が強く面白い。ナムコはいつもおまけが楽しいんですよね。「鉄拳タッグトーナメント」ではおまけの「鉄拳ボウル」にはまってしまった。

 いただけない点は、アーケードモードの段位がオフラインでは初段までしかいかないこと。これではオフライン専門の方はやる気が出ないというもの。やっぱりオンラインありきなんだよなあ。



 最後にまだ発売になっていませんが、まもなく発売される「アサシンクリードⅡ」
 前作は、あまりゲームで取り上げられることのないイスラム世界をリアルに取り上げ大絶賛し、今作も期待していたのですが、肝心の舞台がイタリアにかわってしまい、かなりがっかり。ダ・ヴィンチが登場するらしく、ルネサンス頃のイタリアのようで、決して嫌いではないですが、やはりイスラム世界の魅力にはかなわない。どうしてイスタンブールとか、イスファハンとかにしてくれなかったんだよ~。

 今度は水の中にもぐれたり、始末した死体を運搬して隠せたりという新しい行動ができるようで、これは面白そうである。あと、ダ・ヴィンチは主人公を助けてくれるらしく、なんでも発明品を提供してくれるそうだ。役割から言うと、ファイナルファンタジーのシド、もしくは名探偵コナンの阿笠博士のような役割なのだろうか? ただ実在の人物におそらくやっていないであろう変な役割をさせると、そこでリアリティが一気にそがれ、私としては、ゲームの評価も低くなりそうだ。

 このゲームのシステムは非常に好きで、舞台を日本の幕末にして、当時の江戸や京都を自由に散策できるゲームができないものだろうか?



 「Forza Motor Sport 3」の話もあるのだが、長くなりそうなのでそれは次回に。

nice!(0)  コメント(0) 

ゲームのはなし2(GTPSP) [ゲーム]

次は「グランツーリスモPSP」。

初回限定版だと、「シボレーコルベットZR1スペシャルカラーモデル(ホワイト)」が手に入り、指定予約店舗で予約するとさらにそれぞれで違う車がもらえるのだ。以下に書いてみると、

GEO フェラーリ エンツォ フェラーリスペシャルカラーモデル(イエロー)
ローソン 日産 GT-R スペック V スペシャルカラーモデル(メタリックブルー)
Amazon ランボルギーニ カウンタック LP400 スペシャルカラーモデル(オレンジ)
古本市場 ブガッティ ヴェイロン 16.4 スペシャルカラーモデル(ブラック
TSUTAYA WonderGOO シトロエン GT by シトロエンスペシャルカラーモデル(イエロー)
ヨドバシカメラ、ビックカメラ メルセデスベンツSLRマクラーレンスペシャルカラーモデル(レッド)
サンクス 特製クリアファイル

サンクスだけがクリアファイルなのはどうかと思いますが、店ごとに違うというのはずるいといえばずるいですね。私はアマゾンで予約したので、カウンタックでした。カウンタックといえば、スーパーカーブームの頃のスーパーカーの代表格。私はスーパーカー世代なので、これはウハウハだったが、最高出力は380PSしかなく、他の特典車と比べると性能的には非常に見劣りする。むむ、予約者の大半がスーパーカー世代だと見越した作戦だな。

ゲームのクオリティは非常に高く、PSPってここまでできるのかと感心する。画面写真はちょっと汚いが、PSPの画面はもっと小さいし、実際にPSPの画面を見れば、そのクオリティに驚くはずだ。PS2程度のグラフィックは確保できているんではないかと思われる。

画像5.jpg
Amazon予約特典の「ランボルギーニ カウンタック LP400 スペシャルカラーモデル(オレンジ) 」写真では汚いかもしれないが、PSPでここまでできればたいしたもんだ。

 しかし、欠点も多い、というか多すぎる。
 このゲームで集めた車は、来年3月発売予定の「グランツーリスモ5」に移行できる。じゃあ、がんばって集めようか、という気にもなるし、開発の山内氏もPS3のダウンロードコンテンツで見たゲームショウのグランツーリスモ発表会の記者会見では、「みなさんレースに出て、どんどん車を集めてほしい」というようなことを言っていた。ところがだ、今作は、イベントレースというものが存在しない。したがってプレゼントカーというものもない。結局は、金をしこしこ貯めて、車を買うしかないのだ。また金稼ぎゲームかよ・・・。もうこんな思いは「ガンダム戦記」だけで勘弁してくれ。

 ちなみに一番賞金がもらえ、かつ楽なのは、テストコースSランクの1500万。購入できる車で一番高いのはフェラーリ F2007の8億。フェラーリ F2007を買うためだけに、テストコースSランクでも54回も1位をとる必要がある。1レース3分として、162分。2時間半以上もえんえん同じコースを走り続けなければいけない。狂い死にさせる気か!
一応、最初から所持金が1000万もあったりと、PSP版ではだいぶ敷居が低くなっているものの、プレゼントカーがないぶん車を手に入れるためにお金を稼ぐという努力部分はまったく変わらない。

 また、アドホックモードで車をトレードしたりシェアしたりできるが、これとて相手がいての話だ。トレードとは、わかりやすくいえば、ポケモンの交換みたいなもので、シェアは自分の手元に車を残しつつ、その車を他人にもあげられるというものだ。これもすべての車がシェアできるわけではなく、シェア可能な車、トレード可能な車とがある。トレード可能な車はシェアできない。さらに先に紹介した予約特典車はシェアもトレードもできない。シェアという無限に車を普及させられるものがある一方で、まず手に入れることができない予約特典車はシェアもトレードもできないという、車をみんなに持ってほしいのか持たせたくないのかよくわからんシステムだ。

 レースはフリーレースだけ。収録コースはかなり多く、実在のコースも鈴鹿、富士、茂木、筑波、ニュルブルクリンク、リカルド・トルモ・バレンシア、サルト、インフィニオン、ラグナセカと数も豊富だ。それだけになぜイベントレースがないのかと悔やまれる。イベントがあるのとないのではやはりモチベーションが違うのだ。
また、出場台数が4台しかないのもがっかりだ。ダートコースは今まで2台だったから倍に増えたことになるが、一般コースは8台出場だったから(GT4は最高12台だったかな?)半分に減ったことになる。さすがにここはPSPの限界だから仕方ないのかもしれませんけど。

画像3.jpg
ダートコースも4台に増えた。これはスズキエスクードで出場したところだが、敵車もすべてスズキエスクードになってしまったので、リプレイで見るとどれが自車か不明(笑)。

 車種も830台収録らしいが、2ちゃんねるで水増しを指摘されていました。公式ページで収録車がすべて公開されていますが、
http://www.gran-turismo.com/local/jp/data1/products/gtpsp/carlist_jp.html

その2ちゃんねるの内容を流用させてもらいますと、たとえば、
418 三菱 3000GT MR (J) '95
419 三菱 3000GT MR (J) '98
420 三菱 3000GT SL (J) '95
421 三菱 3000GT SL (J) '96
422 三菱 3000GT SL (J) '98
423 三菱 3000GT SR (J) '95
424 三菱 3000GT SR (J) '96
425 三菱 3000GT SR (J) '98
426 三菱 3000GT VR-4 (J) '98
427 三菱 3000GT VR-4 ターボ (J) '95
428 三菱 3000GT VR-4 ターボ (J) '96
429 三菱 3000GT VR-4 ターボ (J) '98
447 三菱 GTO SR '95
448 三菱 GTO SR '96
449 三菱 GTO SR '98
450 三菱 GTO ツインターボ '95
451 三菱 GTO ツインターボ '96
452 三菱 GTO ツインターボ '98
453 三菱 GTO ツインターボ MR '95
454 三菱 GTO ツインターボ MR '98
これ、GTOも3000GTも同じ車なので、この20台、ぶっちゃけ、同じ車のバージョン違いなのだ。グラフィックも性能もほとんど違わなければ、あまりコレクションの意味がないのだ。
ほかにもホンダシビックや、NSX、S2000、マツダRX-7、ロードスター、MX-5、三菱ランサーエボリューション、日産スカイラインGT-Rなどで同じようなことがおこっている。もっともランエボは違うといえば違うのだけど。
ガンダムMK.Ⅱエゥーゴカラーとティターンズカラーの違いのようなものだが、ガンダムMK.Ⅱなら許せるが、グランツーリスモでは許せない(笑)。
結局○車種830台といえばよかったものを、単に830台と公表してしまったので、「なんだよ、型番違いが多いじゃねえかよ。水増しじゃねえか」となってしまったわけです。

 あとは、買いたい車を買いたいときに買えないということでしょうか。ディーラーは2日ごとの日替わりで、ショップに並ぶ車もランダムなので、いざお金が溜まって買おうと思っても、お目当てのディーラーが登場するまで、最高で70日も待たなくてはならないのだ。さらにお目当てのディーラーが来ても、そこにお目当ての車が並んでいないこともあるわけだ。

 そして、このゲームにも「ソウルキャリバーBroken Destiny」と同じ迷惑が。このゲームもセーブデータの流用ができない。全車コンプリートしたデータをネットでアップしてもまったく意味がないのだ。やっぱりそれを恐れてるんでしょうね。結局あんまり車を広めさせたくないんだな。困るのはPSPが壊れたとき。買い替えなら、シェアできる車を引き継がせることができるが、セーブデータを保存したときのPSPが壊れて使えなくなったときは、シェアすらできないからあきらめるしかないのだ。そんなことよりも車データを守ることが大切らしい。まったく・・・。

 評価したいのは、イベントレースのBブロックをクリアすると使えるようになるレース中に手持ちの曲を再生できるようになる機能。メモリースティックに「MUSIC」または、そのMUSICフォルダの中に「GTPSP」フォルダを作ってその中にお好みのmp3ファイルを入れて、ゲーム中のメニューからオプション→サウンド設定→ユーザーBGM選択で「MUSIC」または「MUSIC/GTPSPフォルダ」を選択し、設定を保存すると、レース中にフォルダの中のmp3がランダムで再生できるのだ。こういうことができるのは、PSの「リッジレーサー」「リッジレーサーレヴォリューション」で、ゲームCDを任意の音楽CDにチェンジして、レース中の曲をそのCDの曲に変えてしまおうという裏技以来だろうか。当時はCDに入っているCDDAデータをそのまま再生していたのでできた技でした(ちなみに初代「鉄拳」もCDDA再生なのでCD入れ替え技ができるかもしれない)。レニー・クラビッツやFEEDERを入れれば、「GT3」もどきになるし、BLASTERSなんかを入れれば「GT4」もどきになるし、moveやユーロビートを入れれば「頭文字D」っぽくなる。アニソンでは「マッハGoGoGo」「マシンハヤブサ」「グランプリの鷹」「とびだせ!マシーン飛竜」「激走ルーベンカイザー」「サイバーフォーミュラ」なんかを入れるといい感じです。もちろんSQUAREの「TRUTH」は当然にいい感じになります。「TRUTH」で鈴鹿やコート・ダジュールを走るとF1中継みたいでいいですよ。

 そういえば、東京モーターショーにGTPSPを持っていくと、もれなく車100台もらえたらしい。私は知らなかったのでもって行きませんでした。くそー。100台集めるのにどれだけ苦労するか・・・。だからといって、GTPSPをもってもう一回モーターショーに行こうと思うほどではなかったですね、今年のモータショーは。まあ、その話は後日。

 それより太っ腹なイベントが、「Akiba Grand Prix」。
これは11月14日に秋葉原で行われるイベントで、秋葉原エリアをサーキットに見立て、メイン会場となる「ベルサール秋葉原」を基点としたサーキット上に5人の凄腕レーサーが点在し、 このレーサーたちに対戦レースで勝つと、最大435台(229車種)のクルマデータを入手できるというもの。
各拠点のすべてのレーサーに勝利すると、ファイナルラウンドへの参加権が与えられ、ファイナルラウンド最終戦ではプロレーサー脇阪寿一と対戦できるらしい。
優勝者には「プレイステーション3」専用オンラインカーライフシミュレーター『グランツーリスモ5』(2010年3月発売予定)のスタッフクレジットにその名前が刻まれ、さらに副賞として、PS3本体、「Driving Force GT」、「グランツーリスモ5」のソフトをセットにした「『グランツーリスモ5』マスターコレクション」が贈呈される。なお参加賞として、「Akiba Grand Prix オリジナルグッズ」が配布される。
「Akiba Grand Prix」への参加条件は、「グランツーリスモ」(UMD版、ダウンロード版どちらでも可)と、PSP本体(PSP-1000、PSP-2000、PSP-3000、PSP goのいずれでも可)を持参できる人。参加受付は、11月14日の10時から15時まで「ベルサール秋葉原」(メイン会場)で行なわれる。

とのことらしい。435台のデータはほしいが、レースで勝たなくてはもらえないわけで、こりゃ厳しいわ。

さらに、続きは次回!


nice!(0)  コメント(0) 

ゲームのはなし [ゲーム]

ここ二ヶ月ほどでそこそこゲームを買ったので、それぞれの評価をかねて紹介してみる。

まずは、以前にも紹介した「ガンダム戦記」。こちらは、ダウンロードコンテンツ第2弾が開始されました。
第1弾は「RX-81ASアサルトアーマー」と「FA-78-3フルアーマーガンダム7号機」で、それぞれ300円だが、ゲーム中での購入権だけ、という話はしました。フルアーマーガンダムはゲーム中のポイントで120万ポイント。オンラインのもっとも稼げるミッションでも3万前後なので、どんだけプレイさせるんだっちゅう話です。ましてやオフラインだとこんなに稼げるミッションはないですし、オンラインでも一人でプレイでは、難易度HARDやHELLはとてもクリアできるもんじゃありません。オンラインで見知らぬ方々を募り、お手伝いしてもらうしかありません。私も他人の手をおかりして、なんとかフルアーマーガンダム7号機は購入できました。すでに300円で購入しているのにだ(笑)。ジオンのほうでもなんとかシャア専用ザクとジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググとケンプファーを購入しました。が、もう心が折れました。
第2弾は、10月15日に「RX-81ASアサルトアーマー(アサルトキャノン)」、「RX-78GP01ガンダム試作1号機」、「RX-78GP02ガンダム試作2号機(MLRS仕様)」が、10月29日には「RX-81STスタンダードアーマー(アサルトキャノン)」、「RMS-099リック・ディアス」、「AGX-04ガーベラ・テトラ」がダウンロード開始となりました。
このうち、ガンダム試作1号機、ガンダム試作2号機(MLRS仕様)、ガーベラ・テトラを購入しました。「デラーズ紛争」はOVAも見たし、これらのモビルスーツは「ガンダムカードビルダー」でも使ったことがあるので、懐かしいというのもあったので。しかしゲーム中に購入するまでにはいたっていない・・・。
さらに、デラーズ・フリートが参戦する追加シナリオもあるのですが(こちらは無料)、U.C.0081の段階でデラーズ・フリートが参戦しちゃうのは、完全に早いし、おかしな気がします。「3年待ったのだ!」というガトー様のセリフはなんだったの?ということになってしまう。待ててねーじゃん。
あと、ガンダム試作2号機(MLRS仕様)は、「ソロモンよ、私は帰ってきた!」といってガトー様が核をぶっぱなしたモデルではなく、「戦場の絆」に登場した方ですね。さすがにゲーム中、核をぶっぱなされたらたまりません。

そもそも、このゲーム、一人遊びを念頭においてない時点で間違ってる。最近のゲームはみなオンラインのことしか考えていないが、オンラインのサービスは永遠ではない。ファミコン時代のゲームのように「久々に遊ぼう」となったときのことはまったく考えてくれていない。もっともしばらくたってから遊びたくなるなんてそんな奴はもういないのかな?
また、オンライン環境が整っていない方や、どうしてもオフラインで一人で遊びたいという人だっているのだから、オン・オフどちらでも遊べるようにすべきだ。オフラインで遊びたいっていう人は買うなってか?どうもすいませんでした!(響のみつこ風に)

画像6.jpgFAGUNDAM07_2.jpg
ゲーム中のフルアーマーガンダム7号機とゲームに触発されて買ってしまった、自作のフルアーマーガンダム7号機。なかなかの再現度だと思う。ちなみに私のフルアーマーガンダムはやぁまさんのギャラリーの訪客展示室にて公開中です。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/feveredgarden/plagal_select.html



次は「ソウルキャリバーBroken Destiny」。ようするにPSPの「ソウルキャリバー」だ。PSPでこのできは!というくらいよくできている。そして、キャラクタークリエイションもそのままできるのだ。
しかし、このゲームの欠点は、ストーリーモードがないのだ。もっとも、今ではソウルキャリバーのメインのようになっているストーリーモードだが、もともとは初代「ソウルキャリバー」のおまけとしてついていたモードがどんどん発展していったものだ。なのに、それがないとまったく面白みがなく、やる気もおきない。もともとおまけモードだったのに、人間とはぜいたくなものだ。
新キャラとして「ゴッド・オブ・ウォー」のクレイトスとダン・ピエールというオヤジが参戦しているが、これまた私には魅力がない。まず「ゴッド・オブ・ウォー」を知らないし、追加キャラは2人とも男で色気がない。クレイトスの参戦はファンの要望にこたえたものらしいので、私が知らないというだけでダメというつもりはないが、個人的には知らないキャラでは喜べないんですよね。さらに「ゴッド・オブ・ウォー」は欧米ではソニー、日本ではカプコン発売なので、ナムコ関係ないじゃんと思うのですけど・・・。ナムコで剣といえば、ドルアーガのギルとか、源平討魔伝の景清さんとか、いるじゃない。
ダン・ピエールはだまし討ちのような攻撃が主体で、かなり卑怯なキャラで、武士道、騎士道に反する。
今作は「GAUNTLET」モードというモードがあって、課題をクリアしながらストーリーを進めていくモードで、この課題をこなしていくと、ゲームの操作を覚えられるというものだが、なんか内容がイマイチなんですよね。とはいえ、やりこむと面白みが増すのかもしれません。
でも、移植としてのできはまったく悪くない。
キャラクタークリエイションで作ったキャラは、プリクラ風の写真に保存でき、この画像をキャラクターセレクト時に表示できるという機能は面白くてよいと思う。
携帯ゲーム機だけに、やりこんでなんぼなのでしょう。

 迷惑な点は、セーブデータの流用がきかないこと。あるPSPでセーブされたデータは、そのPSP以外ではロードすることができない。おそらく機種別のIDか何かもセーブしてるんでしょう。これにより、ネット上でコンプリートデータを公開するということも無意味だし、PSPが壊れて買い換えた場合など、最初からやり直しだ。冗談じゃない。なぜ、こんな余計な機能をつけたのかは疑問だ。



続きは次回。
nice!(0)  コメント(2) 

ソウルキャリバー4 キャラクタークリエイション レシピ集 その10 [ゲーム]

 もう発売から1年以上もたち、需要もないかと思われますが、そういうのとは関係なくやっていきます。
お台場のガンダムの話とか、アップしなければいけない記事も多いのだけど、とにかく思いついたらその記事だけでもアップしておかないと、永遠に何もアップできなそうで・・・。

 まあ、ベスト版も発売されたし、PSPで「Broken Destiny」も発売されたし、需要が完全になくなったわけではないかなと。「Broken Destiny」は最初から選択できるコスチュームが多く、このレシピとほぼ同じものが作れそうです。私にやる気があれば、今までのレシピの「Broken Destiny」用の修正データをアップするんだけど・・・。

calibur113.jpg
キャラ 彩  出典 お姉チャンバラ
髪型 スイングミディ  頭 キャプリーヌ  首 マフラー  地肌 鳳仙の肌布 
腕 腕輪&包帯   脚 戦乙女のブーツ
スタイル 吉光

いろいろ作って、刀といえばこのキャラだなあと突然思い出した。
この続編の「お姉チャンプルゥ」だったかなあ、スポーツ新聞か何かで、ポリゴンキャラの角度が自在に変えられて、とんでもないところまで見えてしまうので、発売中止になる、という記事を読んだ翌日すかさず買った記憶がある(笑)。
この画像では目立ちませんが、スタイルを吉光にすると、背中に旗をしょっちゃうんですよね。これいらんちゅうに・・・。
でも吉光のこのポーズがお姉チャンバラっぽくっていいわ。
しかしこのゲーム、水着にテンガロンハットのカウガール風姉ちゃんが刀でゾンビを切りまくるというセクシー&ホラーなシュールなゲームだったなあ。その後映画にもなってるし。

calibur114.jpg
キャラ 小川ローザ  出典 丸善石油(現・コスモ石油)
頭 僧侶の頭巾  首 マフラー  地肌 ノースリーブタイツ 腰下 プリーツスカート
脚 レザーブーツ

        「Oh!モーレツ!」
当時にしてはセクシーすぎるCMで世間の男性どもをとりこにし、ポスターはことごとく盗まれたという。
あのヘルメットを再現するのに、「僧侶の頭巾」が一番妥当かと。そもそもヘルメットがないし。


calibur115.jpg
キャラ レースクィーン  出典 オリジナル
髪型 フェアリーカール  地肌 ノースリーブタイツ  腰下 戦乙女のスカート
脚 レザーブーツ

レースクィーンを作ってみようと思ったけど、ハイレグ水着がないので、モーターショーのお姉さん風な衣装にしてみました。


calibur116.jpg
キャラ 不知火舞  出典 餓狼伝説2・KOF
髪型 ポニーテール  胴体 密偵の服  腕 布手甲  足首 ローソックス
脚 足軽脛当て

特にコメントすることがないぞ。
ああ、脚に「足軽脛当て」をつけるかどうかは迷ったところです。ネットで画像を見ると、脛当てみたいなのをつけているものと、アメリカンハイスクールみたいなソックスをはいているものと2パターンあったもので。


calibur117.jpg
キャラ テリー・ボガード  出典 餓狼伝説
髪型 ミディアンカット  頭 ソルジャーズハット  胴体 レザージャケット
腕 レザーグローブ  腰下 フォーマルパンツ(スラックスズボン)  脚 革靴

うーん、何かが違う。一歩間違えればマリオじゃないか・・・。


calibur118.jpg
キャラ ユリ・サカザキ  出典 龍虎の拳・KOF
髪型 三つ編み  頭 鳳仙の飾り冠  地肌 戦乙女のタイツ  
胴体 乱破装束(色分けできるので)
腕 布手甲  足首 ルーズソックス(表示されない・・・)  脚 レザーシューズ

あ~、足首のソックスが表示されればよかったのに・・・。
というわけで、ソックス派の方は、地肌の「戦乙女のタイツ」をなしにしてください。


calibur119.jpg
キャラ ミスティーク(レベッカ・ローミン=ステイモス)  出典 Xメン
髪型 コーンロウ  地肌 スケイルタイツ

なんとなく、それっぽくなったかな。


calibur121.jpg
キャラ レイレイ  出典 ヴァンパイアハンター
髪型 ワンレングスボブ  頭 孔天装帽  胴体 麻の着物  腰下 スロップス
脚 カンフーシューズ
スタイル:ヴォルド

「Xメン」といえば、次は「ヴァンパイアハンター」でしょ、とカプコンつながりです。
本当のレイレイは、ヴォルドの鍵爪なんかよりはるかに大きい手ですが、まあ雰囲気です。
肌の色を緑色にするのもお忘れなきよう。


calibur120.jpg
キャラ 孫策伯符  出典 一騎当千
髪型 スイングミディ  頭 ホワイトプリム  地肌 鬼百合装束  胴体 パーラークロース
腕 姫王の手袋  腰下 エプロンスカート  脚 フェミニンシューズ
スタイル:ヒルダ

スタイルをヒルダにして、旗をこうやって持たせると、ちょうど孫策の槍みたい。
どうも「一騎当千」のキャラって、三国志ファンからいわせてもらうと違和感ありまくりだなあ。
なんで、これが孫策なの?ってなります。


calibur123.jpg
キャラ 趙雲子龍  出典 一騎当千
髪型 ロングヘアー  首 ネックリボン  胴体 ニットベスト  腕 レザーグローブ
腰下 プリーツスカート   足首 ハイソックス  脚 レザーシューズ

これも「一騎当千」。全く見たことないけど、フィギュアをしばしば見かけるので、作ってみました。
呂蒙、孫策、趙雲と作ってみました。あとは関羽かな。


calibur124.jpg
キャラ 趙雲  出典 真・三國無双
髪型 ミディアンカット  頭 勇者の鉢金  首 琉球首布   地肌 チェインメイル
胴体  勇士の胸当て   腕 正騎士の小手  腰下 正騎士の腰鎧  
脚 決闘者のブーツ

こっちは本当の、というか「三国志」の趙雲です。もっとも実在の趙雲は絶対こんなじゃなかったと思う。
たぶん当時の中国人男性はほとんどヒゲがあったんじゃないかな?
何しろ、何進が宮廷に攻め入ったとき、宦官を皆殺しにするために、「宦官はひげがないから、ひげがない男は宦官じゃなくてもかまわん、殺せ!!」と命令したとか。アラブ世界でもひげがない男性は考えられないらしい。なので吉村作治先生は現地の人にバカにされないようヒゲをはやしてるんだとか。
あ、どうでもいい話でした。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ゲーム

機動戦士ガンダム戦記(PS3) [ゲーム]

 新型PS3とともに発売された目玉タイトルである。私もガンダムファンであるので、アマゾンで予約購入した。ちなみにアマゾンで購入すると、通常店舗購入だと7000円台するが、6000円台で購入できる。

 さて、このゲームの売りであるが、ガンダム30周年ファン感謝ソフトで、「70機以上のモビルスーツから、自分と部下の機体をカスタマイズ」でき、「強化パーツは110種類以上」「武器は80種類以上」から選べるということのようだ。実はこの売り文句が罠なのだが・・・。

 ゲームのメインの戦闘中については文句ない。画面のクオリティは下の画像を見ていただければおわかりのとおりだ。

senki01.jpg
連邦軍のジム

senki02.jpg
これが正面。なかなかリアルだ。

senki03.jpg
「これが、ジオンのザクか!」
画像はいずれもチュートリアル(not M-1王者)

 操作性も問題ない。PS2の同タイトルを遊んだ方ならば、操作はほぼ同じ。「ターゲットインサイト」「連邦vsジオン」「戦場の絆ポータブル」などを遊んだ方でも、基本は同じで、武器やブーストのボタンの割り当てが違う程度であるからすぐ慣れると思われる。もっともこの手のゲームを遊んだことがなくても、「チュートリアル」があるので、すんなり覚えることは可能だろう。

 PS初期の3Dガンダムゲームはクソばかりだったが、さすがバンダイオンリーで作らないとこうも違うかと感嘆。カプコンに外注した「連邦vsジオン」のときの感動を思い出す。

 問題は、ゲームそのもののシステムにある。売り文句からすれば、いろいろなモビルスーツに搭乗できて、カスタマイズも自由、武器選定も自由、オリジナル部隊を率いて戦う、カスタマイズと戦略重視のゲームなのかな? と思ったらとんでもなかった。
 ストーリーモードはまだいい。ストーリー進行に合わせて、モビルスーツが支給されるし、強制的に乗り換えることもあるからだ。

 フリーミッションがひどい。最初のモビルスーツは連邦が素ジム、ジオンが旧ザク(ザクⅠ)からスタート。まあここは最初だから仕方ないとしよう。新しいモビルスーツに乗り換えるのは、ミッションが進むと新しいモビルスーツが支給されるわけではない。なんと、ミッションクリアでもらえるポイントを貯めて、自分で購入するのだ。それだけならポイントを貯めて購入すればいい。

 大問題なのは、必要ポイントの量だ。一般的にフリーミッションは、難易度がNOMALに固定のオフラインではクリア後の獲得ポイントはせいぜい6000から10000、難易度変更できるオンラインで最高難度HELLにして、一番稼げるミッションでも12000程度だ。そのくせモビルスーツがバカ高い。連邦だとガンキャノンで300000、プロトタイプガンダムで600000、ジオンだとドムが165000、ギャンが450000、ゲルググで500000だ。

 新型PS3の同梱版の特典で、9月17日から配信されたRX-81ASが450000、FAガンダム7号機にいたっては1200000! しかもこれ、金とってダウンロードさせて(1体300円)、即使えるわけじゃなく、購入できるようになるだけという。FAガンダム7号機を購入するにはオンラインのHELLモードの高ポイントミッションを100回クリアですよ! ドムを購入するんでも同程度のミッションを14回も繰り返しクリアしなければならない。これでもドムは安いほうの機体ですからね。

 某ブログで「心が折れた」と書かれていましたが、まさしくそのとおり。結局、モビルスーツを買うためにポイント稼ぎに走らなければならないのです。ミッションをクリアしていたら自然にポイントが貯まっていた、というレベルじゃないですからね。

 まあ、ミッションクリア時にアイテムが獲得できることもあり、それを売ることで稼げることもあるんですけれど(例えば、連邦の「月面巡視任務」で獲得できる「ガンダム専用サーベルⅢ」は売れば90000)、そもそも稼ぐという行為をすること自体私は嫌だし、RPGじゃあるまいし(稼がなくてはならないRPGも嫌だが)。

 また、連邦の稼ぎミッションといわれるこの「月面巡視任務」は、結構終盤のミッションで、安価なモビルスーツではオフラインだとそもそもこのミッションまで行き着くのも困難だ。僚機がアホすぎるし。結局オンラインモードで自分でルームを開設し、「クリアヘルプ」を求めるしかない。私もオンラインで佐官、将官の方々に助けていただき、なんとかこのミッションまでたどり着けました。さらに今度はこのミッションをクリアするのも大変で、やはりオンラインで助けていただきました。しばらくこのミッションを繰り返し、サーベルを売りまくって、ようやく私もFAガンダム7号機を購入できましたが、正直「もうええわ!!」という感じ。

 ポイント制なのはモビルスーツだけでなく、武器もカスタムパーツもみな購入しなければならないのだ。ただ、武器とパーツは特定のものは、ミッションクリアで獲得できるものもある。でもこれとて面倒だ。モビルスーツ購入の面倒くささに比べれば屁でもないが。

 カスタマイズもひどいもので、単に「プロペラントタンク」や「アポジモーター」といったカスタムパーツをつけられるだけ。これじゃ「スーパーロボット大戦」じゃないですか。さらには、ガンダムやシャア専用ザクもカスタムパーツで強化しないと取得できないのだ。例えばガンダムは、プロトタイプガンダムを購入し、「テム・レイDisc」というカスタムパーツを使わなければならないのだ。シャア専用ザクも同じような方法。しかもこれらのパーツ、オンラインでミッションをクリアしないと出てこないという。アマゾンのユーザーレビューでもオンラインプレイが出来ないオフライン専門のユーザーからは、「これのどこがファン感謝だ」との恨み節も。当たり前だ。

 ストーリーモードのデータとフリーミッションのデータが完全に分離しているのも納得いかない。ストーリーモードだとRX-81という、強力な機体がストーリー進行ですんなり手に入ってしまうのが、フリーミッションで不都合なんだろうが、そのくらいはいいじゃないか。おかげでフリーミッションがきつすぎるわ!

 連邦とジオンのデータが完全に別なのは仕方ないかもしれないが、連邦とジオンの両方のモビルスーツや武器が使える傭兵モードもデータが別なのは面倒だ。それぞれにおまけとして追加するだけでいいのに。さらに傭兵モードはすべての購入ポイントが倍。つまりプロトタイプガンダムで1200000もしてしまうのだ。心折れるわ。

 このほかにも細かい欠点を挙げると、まずミッション開始前のロードが長い。これはロード待ちのブリーフィングが短いというのもあるんだろうけど。ブリーフィングが終わってるのに、ロードのためにしばらく待たなくてはならないのは、数回は我慢できても、繰り返されると苦痛になる。同じナムコの「エースコンバット」シリーズは、ブリーフィングが秀逸なのに、全くいかされていない。他にも「リッジレーサー」には「リプレイ」があるし、「エースコンバット」には、ミッションクリア後そのミッションでの自機の動きを教えてくれたりするのだが、そういった要素が全くない。ゲーセンの「戦場の絆」だって、プレイ後に俯瞰視点でリプレイを見るモードがあるのに。そういうのをもっといかしてほしいのだけど。

 欲を言えば、モビルスーツのカラーリングも自在に変更して、オリジナルの部隊を率いるなんてことができれば面白いのに。こういうのも「リッジレーサー」や「エースコンバット」では、簡単にできたのになあ。

 いろいろ文句をいったところで、ガンダムものは、「ガンダム」とつくだけでそこそこ売れるから、バンダイも全く反省がなく、毎回メーカー独りよがりな、ユーザーの不満だらけのガンダムゲームを出し続けるんだろうな。

 ネタバレになる批判も。連邦の「ニューヤーク防衛任務」というミッションでは、「ニューヤークは俺の故郷だから、ぜひ出撃させてくれ」ということで、部下の一人のヒュー・カーターが強制出撃になりますが、なんと、このセリフは死亡フラグだったのです!(笑) 戦闘終了後のムービーで、倒したはずのザクが急に起き上がり、背後から隊長機を狙う。いち早くそれに気づいたヒュー・カーターは「危ない!」とばかりに隊長をかばって死亡。その後は死亡により戦線離脱。こっちは「はぁ?」という感じ。「うそだろ?」とつぶやきたくなる。お前はFF7のエアリスか!! 結局パイロット育成して稼がせた経験値はすべて無駄となりました。ヒュー・カーターは最初からいるメンバーの一人なのですが。その後、もう一人の初期メンバー、シェリー・アリスンもスパイ容疑で離脱。おいおい・・・。結局初期メンバーは隊長だけという、モーニング娘。のような部隊になってしまう(笑)。この2人は育成するのはほどほどに。

 他には、
 ・アニメの絵が下手
 冒頭の1年戦争の回想シーンのムサイやザクの絵など、相当ひどいぞ。

 ・ロックオンがアホすぎる
 なぜか遠くの敵からロックオンしていくような感じ。ロックオンを切り替えてもなかなか至近距離の敵をロックオンしてくれず、そのうち後ろから斬られるという。さらに後ろの敵は仕方ないとしても横にいる敵ぐらいはロックオンしてよ。他のガンダムゲームと比べるとロックオンがシビアだ。

 ・結局ビームじゃん
 連邦はビームライフル2丁持ち、ジオンはビームマシンガン2丁持ち、これが最強。オンラインの対戦なんかは武器で勝敗が決まってしまうという。しかも、やられると、その場から復活なので、またやられるというループになるという。私はまだオンライン対戦はやったことないですが、やる気もおきん。
また、バズーカ系は着弾に時間がかかるので、オンラインではラグがあり、不利だという。
結局ビームじゃん。武器80種類以上もあるのに・・・。

 ・カスタマイズもがっかり
 私は、個別パワーアップがよかったなあ。武器とか出力とか、お金をかけて進化させるという方法。
強化パーツくっつけておしまいじゃあ、先にも書いたけどスパロボじゃん。スパロボだって、武器なんかは個別パワーアップできるけど、武器そのもののパワーアップなど一切なし。
さらにオンラインじゃないと絶対入手できないパーツがあり、その点はオフライン派の怒りを買うことに。

・MS図鑑がない
 人のコレクター魂をくすぐっておきながら、なんとMS図鑑モードがないのだ。アップグレードしたら、ダウングレードバージョンは見られないじゃないか!!まさか、これもDLCか? だとしたら、あこぎすぎる。

 というわけで、なんだか、私の期待したほどではないゲームでした。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。